ロックウールのススメ

ホーム    ロックウールのススメ    断熱材あれこれ

断熱材あれこれ

断熱材は多種ありますが、大別すると繊維系と発泡プラスチック系があります。

  • ロックウール 繊維系

    ロックウール
    繊維系

    製鉄の際に発生する高炉スラグや天然鉱物を溶融させて、遠心力等によって細かく繊維化した断熱材。

  • グラスウール 繊維系

    グラスウール
    繊維系

    リサイクルガラスを主原料に、石灰石などを加えて高温で溶かし、非常に細かく繊維化した断熱材。

  • 押出法ポリスチレンフォーム 発泡プラスチック系

    押出法ポリスチレンフォーム
    発泡プラスチック系

    主原料であるポリスチレン樹脂に代替フロンなどの発泡剤や難燃剤を加えて押出成形される断熱材。

  • ポリエチレンフォーム 発泡プラスチック系

    ポリエチレンフォーム
    発泡プラスチック系

    低密度ポリエチレンに発泡剤などを加え、熱分解させて製造する断熱材。

  • 硬質ウレタンフォーム 発泡プラスチック系

    硬質ウレタンフォーム
    発泡プラスチック系

    ポリイソシアネートとポリオールを主原料とする均一なプラスチック発泡体。現場発泡タイプもある。

  • フェノールフォーム 発泡プラスチック系

    フェノールフォーム
    発泡プラスチック系

    フェノール樹脂を原材料にし、発泡剤、硬化剤等と一緒に混合過熱し、発泡と硬化反応によって得られる均一な発泡体。

断熱材の性能比較

  断熱材 不燃性

防火性
防音

吸音
*1
熱伝導率
*2
熱抵抗値
(厚さ100mmの場合)
防露
対策
防蟻性 *3
価格
*4
主な
工法
原料
繊維系断熱材 ロックウール 0.038 2.6 1 充填
断熱
高炉スラグ、
玄武岩など
グラスウール
(高性能16K)
0.038 2.6 1 充填
断熱
ガラス
グラスウール(10K) 0.05 2.0 0.8 充填
断熱
ガラス
発泡プラスチック系 ビーズ式ポリスチレンフォーム
押出式ポリスチレンフォーム
フェノールフォームなど

0.020

0.039
5.0〜2.6 2〜3 外張り
断熱
ポリスチレン樹脂、
フェノール樹脂など
ウレタンフォーム
など
0.034

0.04
2.9〜2.5 ---- 充填
断熱
ウレタンなど

*1「熱伝導率」の数値が小さい方が、断熱性能は高いのですが、
  建物内では厚みを考慮した「熱抵抗値(熱貫流率の逆数)」が重要です。
*2 熱抵抗値は同じ厚みで比べた場合、大きいほうが断熱性能が良いと言えます。
*3 同じ熱抵抗値で比較した場合。
*4 充填断熱とは住宅の壁や柱などの間に断熱材を充填する断熱工法です。
  外張断熱は住宅の柱・間柱の外側に断熱材を施工する工法です。
*5 繊維系断熱材は防湿フィルム付属の製品、「マット」の性能です。

基本的な性能はこちらを参照ください。
高断熱住宅の基礎知識」もご参照ください。

このコンテンツは2009年4月の改正省エネ法施行にあわせて公開されていたものです。
2015年4月に改正省エネルギー基準が施行され、数値等の取り方が変わりましたが、「断熱材の特徴」に関してはもう少し詳しく説明してあります。