比べて納得 ロックウール

ホーム    比べて納得 ロックウール

比べて納得 ロックウール

断熱材の耐火性能の重要性を再認識させられたロンドン火災

2017年6月14日に起きたロンドンの高層マンション火災は、皆さんの記憶にも新しい事かと思います。
あっと言う間に他の階に火が燃え広がり、大きな事故へとつながりました。
その後の調査により、外装材と断熱材の耐火性能が安全基準を満たしていなかった事が判明。被害を大きくした原因のひとつとされています。

住宅火災の際、煙や火で避難ができなくなるまでの時間は、 出火から数分程度と言われており、避難可能な時間はほんのわずかしかありません。
特に戸建て住宅の場合、寝ている間の火災や出火階より上階にいる場合には避難が間に合わないケースは多々あります。
今回のロンドン火災で断熱材の耐火性の重要性を再認識させられました。

防耐火試験により、ロックウール断熱材の耐火性能が優れていることが判明!

断熱材の耐火性能に注目が集まるなか、ロックウール工業会は地方独立行政法人北海道立総合研究機構 建築研究本部 北方建築総合研究所を評価機関とする共同研究で防耐火試験を行いました。その結果、ロックウール断熱材の耐火性能が優れていることが実証されました。試験内容と結果についてご説明します。

防耐火試験の内容

■試験体(外観)

試験体外観は以下の通り、タテ・ヨコ約3mの実大試験体。

内装:せっこうボード 9.5㎜+ 12.5㎜ 2枚貼り
外装:窯業系サイディング 15㎜

■試験体(断熱材)

断熱材工法は以下の3種類。
尚、試験に使用した断熱材詳細は文末※1参照。

断熱材組み合わせは以下の通り。

■試験方法

試験は屋外加熱・屋内加熱の2種類
(室内からの出火、屋外からの延焼を想定)

加熱炉内の試験開始からの温度変化は以下の通り。

防耐火性能は、3つの性能(非損傷性、遮熱性、遮炎性)の一つが保持できなくなるまでの加熱時間で評価(詳細は文末※2参照)

【防耐火試験の結果 その1】

<屋外加熱> 各種断熱材の組み合わせによる防耐火性能比較※2

(1)(2)(3)から分かる事
ロックウールを充てんすると性能が高くなる、特に(3)で著しい

(2)から分かる事
グラスウールは全ての組合せで、高断熱化により性能が低くなる

【防耐火試験の結果 その2】

<屋内加熱> 各種断熱材の組み合わせによる防耐火性能比較※2

(4)(5)(6)から分かる事
ロックウールを充てんすると、高断熱化により全ての組合せで性能が著しく高くなる

(1)~(6)で、ロックウール充てんの性能が高くなる理由は以下の通り
ロックウールは、耐熱性があるため遮炎性を発揮
グラスウールは、溶けて無断熱のようになっている

充てん断熱材および外張断熱材にロックウールを使用すれば
耐火性能は大幅にアップします!
無断熱と比べて耐火性能が下がらない唯一の断熱材は
ロックウール断熱材だけ!

いつの時代も住宅の安全性は重要なポイントです

<快適性に加えて、耐火性能の高さで選びましょう>

本格的なZEH※3(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)時代に突入するいま、
断熱材に必要なのは快適性だけでしょうか?

ZEHは快適性や省エネ性能も高く、住み心地の良い住宅です。
それだけに経済性を追求することに目が向きがちですが、安心して暮らすには、いざという時の安全性も高めることが必要です。たとえZEHの基準をクリアした断熱材であっても、耐火性能が高いとは限りません。

耐火性能の高い断熱材を使用することで、万が一火災になった時、避難するまでの時間を少しでも長く確保し、大切なご家族の命を守ることにつながる場合があります。断熱材は快適性に加えて耐火性能の高さで選ぶことが、住宅の安全性の向上につながります。

断熱材選びの結論

ロックウール断熱材なら、「断熱性能の高さ」「耐火性能の高さ」に加えて、
さらに「遮音性能の高さ」も優れています。ご家族が思い思いの時間を快適・安心して過ごすためにも、断熱材選びは慎重に。「断熱」「耐火」「遮音」の三拍子そろったロックウール断熱材をおすすめします。



 ※1:断熱材一覧

【防耐火試験で対象とした断熱材仕様一覧】

※2:耐火性能の評価方法
壁体は以下の3つの防火性能より評価される。

①非損傷性
通常の火災による火熱が加えられた場合に、加熱開始後、構造耐力上支障のある変形、溶融、破壊その他の損傷を生じないこと

②遮熱性
通常の火災による火熱が加えられた場合に、当該加熱面以外の面(屋内に面するものに限る)の温度が可燃物燃焼温度以上に上昇しないこと

③遮炎性
通常の火災による火熱が加えられた場合に、火災を出す原因となるき裂、その他の損傷を生じないこと

なお、②遮熱性は、屋外側加熱のみに求められる性能であり、屋内側加熱では、求められていない。従って、屋外加熱では①~③の3つが、屋内加熱では①,③の2つが防耐火性能の要求性能となる。

今回の研究では、実験にて、試験体仕様がこれら防耐火性能の要求性能のうち、1つでも保持できなくなった時点で、その壁体の防耐火性能が失われたと判断した。試験体仕様間の比較は、加熱開始から防耐火性能が失われたまでの時間の長短を防耐火性能の高低に読み替え、防耐火性能が失われたまでの時間が長い方が、壁体の防耐火性能が高いと判断した。

※3:ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、住宅の高断熱化と高効率設備により、快適な室内環境と大幅な省エネルギーを両立した上で、太陽光発電システム等によってエネルギーを創り、年間に消費するエネルギー量が概ねゼロ以下となる住宅です。